SCANDAL on TK Music FRESH!

SCANDAL, Tetsuya Komuro: 「The gap that they can give a heavy metal-like perfomance is nice」
HARUNA:「Komuro-san was the spark that got me into singing」

AbemaTV’s music program 『TK Music FRESH! by AWA #2』, with MC Tetsuya Komuro, broadcasted live on the 23rd from HARAJUKU Abema Studio in Tokyo・Harajuku with guests Tetsuya Komuro and all-girl band SCANDAL. Komuro spoke of SCANDAL’s appeal: 「They have an artist feeling to them, but they also are very visual. Even so, the gap that they can give a heavy metal-like powerful perfomance is nice.」


MC Tetsuya Komuro invites artists he’s interested in and talks about music unfold on this program. Four-member all-girl band SCANDAL, comic duo TKO and Takayuki Kinoshita, AKB48’s Haruka Shimada, and Peco appeared this time.

Tetsuya Komuro produced the song 「Place of life (feat. Tetsuya Komuro)」 on SCANDAL’s 2014 album 「HELLO WORLD」, and there’s also a chronology about how the program began from the cue of SCANDAL wanting to appear together with Komuro. The topic turned to Komuro and SCANDAL’s music production.

Talking about their first impressions when they met Komuro, HARUNA spoke of the spark that led to her aiming to be a singer: 「I’m a big Namie Amuro fan, and I had admired [Komuro] since I was in elementary school. Komuro-san was the spark that got me into singing.」 RINA showed how she was surprised by Komuro’s greatness as a musician: 「When the melody changes, Komuro-san plays the keyboards rather than use words and says, “How does this feel?” It was very impressive.」 MAMI said, 「I’m very happy he saw us as artists right from the start and considered the band as the axis.」 Komuro spoke of SCANDAL’s appeal: 「They have an artist feeling to them, but they also are very visual. Even so, the gap that they can give a heavy metal-like powerful perfomance is nice.」

SCANDAL were originally in dance units, got to know each other at a Kyobashi school in Osaka that they attended, and became a band. Hearing that, Takayuki Kinoshita said, 「Kyobashi!? I worked as a host in Kyobashi. I suddenly have a sense of affinity for you guys. I was skinnier and had longer hair then; I was number one. I think I had some magic cast on me」, inviting laughs while divulging a shocking past.

As Kinoshita’s stories about his past riled everyone up, the topic changed to quarreling within the group. SCANDAL talked about how get along well normally, but they often quarrel about music. Hearing this, Komuro expressed his opinions based on personal experience: 「It’s not good to quarrel when you’re not very close, so quarreling is a good thing, isn’t it? Because you can’t produce good music if you don’t quarrel.」

The program came to a close after sending a cheer to SCANDAL who’s also active abroad: 「You export Japanese entertainment. Doing so through anime is common, but doing it through music is wonderful. You’re a 21st century band. I want you to really pull [Japan] with you.」

小室哲哉がMCを務める、AbemaTVの音楽番組『TK Music FRESH! by AWA #2』が23日、東京・原宿のHARAJUKU Abema Studioで公開生放送され、小室哲哉とガールズバンドのSCANDALがゲスト出演した。小室は「アーティスト感もあるけど、ちゃんとビジュアルもある。それなのにヘビメタみたいなパワフルな演奏もできるそのギャップが良いよね」とSCANDALの魅力を話した。

 同番組は、MCの小室哲哉が気になるアーティストをゲストに招き、音楽トークを繰り広げる番組。今回は4人組ガールズバンドのSCANDAL、お笑いコンビTKOの木下隆行、AKB48の島田晴香、ぺこが登場した。

 SCANDALが2014年にリリースしたアルバム「HELLO WORLD」に収録された1曲「Place of life(feat. Tetsuya Komuro)」を、小室哲哉がプロデュースし、SCANDALが小室との共演を熱望したことがきっかけで番組が実現した経緯もあり、話題は小室とSCANDALの楽曲制作の時の話に。

 初めて小室と会った時の印象について、HARUNA(Vo.Gt)は「安室さんの大ファンで小学生の頃から(小室に)憧れていた。小室さんが歌を始めるきっかけになった」と自身が歌手を目指したきっかけを話した。RINA(Dr.Vo)は「メロディーチェンジするときに、小室さんは言葉ではなくキーボードで演奏し、こういう感じはどう?と言っていたのがすごく印象的だった」と小室の音楽家としての凄さに驚いた様子を見せた。MAMI(Gt.Vo)は「最初からアーティストとして見てくれて、バンドを軸に考えてくれたのが嬉しかった」と話した。小室はSCANDALについて「アーティスト感もあるけど、ちゃんとビジュアルもある。それなのにヘビメタみたいなパワフルな演奏もできるそのギャップが良いよね」とSCANDALの魅力を話した。

 SCANDALは元々ダンスユニットで、通っていた大阪にある京橋のスクールで知り合ってバンドをすることになったという話を聞いた木下は「京橋!?俺京橋でホストをやっていたんですよ。なんか一気に親近感わくわぁー。今よりもっとガリガリで髪も長くて、ナンバー1だったんですよ。今はなんか魔法にかかっちゃったかもしれないですね」と笑いを誘いながらも、衝撃の過去を明かした。

 木下の過去の話で盛り上がる中、話題は内輪で喧嘩をするかという話に。普段から仲がいいけど、音楽のことで言い合いになることはよくあると話すSCANDAL。それを聞いた小室は「仲が良くないと言い合いにもならないから、言い合いになることは良いことだよね。言い合わないと良い音楽にならないから」と自身の経験も踏まえた意見を述べた。

 「AKB48は言い合いとかするの?」と木下に聞かれた島田は「めっちゃします!振付をしている時とか特に言い合いになります。私は特にジャイアンって呼ばれているくらいなので、すごく言っちゃうんですよね」とAKB48の練習現場を想像させるコメントをした。「ぺこさんはりゅうちぇるさんと喧嘩するの?」と聴かれ、ぺこもよく喧嘩をすると打ち明けた。

「私は大阪出身で、りゅうちぇるが沖縄出身だからノリが合わないんですよね。言葉がきついって言われるし、よく喧嘩になります」とぺこが答えると木下は「俺の中で男と女ってノリが第一で付き合うっていうのが根底にあるんだけど、その一番大事なノリが合わなくて、どこが好きなの?」と疑問をぶつけると、ぺこは「本当にすごく優しくて、そこが好きです」と照れながら答え、りゅうちぇるとの仲の良さをアピールした。

 続いて、音楽業界の最新ニュースを紹介していく『TK Music News Network』のコーナーに。様々な最新ニュースがある中、小室が一番に注目したのは、宇多田ヒカルが8年半ぶりに新アルバムを出すというニュース。小室はインタビューで影響された人は誰かと聞かれると宇多田のことをよく話すそうで「当時すごく新しかった。インパクトがすごくあって、これから21世紀始まるんだなと思った」更に「8年半という期間に関して僕はそんなに不思議ではないと思う。ただ、どんな曲なのかがすごく気になる」と当時の宇多田に対する気持ちを話し、新アルバムに対する期待を寄せた。

 音楽業界の最新ニュースが一通り紹介されると小室に関するニュースに話題が移り、その中で小室さんが新ユニットのオーディションを開催することが発表された。「東京オリンピックに向けて、その頃に高校生になる年齢の子を探している」と小室が話すと、木下は「オリンピックに向けて、今逆算しているってことですよね。前に聞いた時もそうでしたけど、いつも逆算されていて、今当時に聞いた通りになっている」と小室の先見性について驚きながら話した。

 最後は、海外でも活躍しているSCANDALに対し「日本のエンターティメントを輸出してくれている。アニメとかはよくあるけど、音楽でそれをするのはすごいことだよね。21世紀のバンドだと思う。本当に牽引していってほしい」とエールを送り、番組は終了した。

You may also like...

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *